デジタルサイネージの使い道

繁華街を歩いていると、よく見かけるデジタルサイネージ(電子看板)。デジタルを活用した仕掛けや仕組みによる技術は年数を重ねるごとに進化し、広告としての役割を果たすだけでなく、私たちの目を楽しませてくれます。ここでは、デジタルサイネージの使い道についてご紹介いたします。

小売業での店舗内に

店舗に複数のデジタルサイネージを設置した場合、それぞれに同一もしくは異なる情報を流すことができます。店舗内に設置することを考えると、街頭で目にするような大型の液晶サイズ導入は難しいため、手で持てるほどのコンパクトサイズのデジタルサイネージを導入してみるのも1つの手段です。そうすることで、操作を楽しみながら動画や音声で、売り場の情報をお客様に効率良くお伝えすることができます。

外食産業での活用

外食産業である飲食店の店頭にあるデジタルサイネージは、私たちが繁華街で目にしやすいデジタルサイネージの活用例の1つです。飲食店の店頭に写真付きのメニューだけを置いている店舗とデジタルサイネージとメニューを併用している店舗とでは、後者の方が店頭を通りかかる方々の興味を惹くことができます。通りかかる方々がお客様になるかどうか大切な瞬間でもあるので、いかに足を止めていただけるかが集客に直結してきます。

愛媛県松山市から弊社は、広告の未来スタイルを表現するデジタルサイネージを提案しております。もっとたくさんの企業や店舗に集客の楽しさを感じていただくのと同時に、売上げを伸ばすお手伝いができると幸いです。

デジタルサイネージの導入によるメリットをお客様に実感していただけるよう、お客様のディテールを大事にした丁寧な制作で、効果の高いデジタルサイネージの提案をいたします。

弊社が提案しているデジタルサイネージの事例は、デジタルサイネージをご紹介しているページに一部静止画としても掲載しております。価格や制作費用に関するお見積もりについてのご相談も承っていますので、気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせください。